海がきれいな沖縄でダイビングのライセンス取得をしよう!

沖縄にはたくさんのダイビングスポットが点在しています。沖縄本島からボートで1時間程いった慶良間諸島は世界でも有数の透明度を誇るダイビングスポットです。そんな誰もが憧れる綺麗な海でダイビングを初めてみてはいかがでしょうか? 海が怖い、泳げないと思っている人も安心してください。

沖縄の海は透明度が高いため、海の中でも明るく怖いイメージがありません。また、ダイビングは泳ぐというよりも、水の中をプカプカと浮いている感覚ににています。ダイビングショップのガイドさんもとても丁寧に教えて下さいます。 この世には3つの世界があると知人から言われました。一つは宇宙…ただ、現在では到底いくことができません。二つ目が、今住んでいる地球。3つ目が海の世界で、自らが行こうという気持ちさえあれば行くことができる世界、一度きりの人生せっかくなら2つの世界をみたほうがいいよ!と言われたのがダイビングを始めたきっかけです。

そして沖縄にダイビングライセンス取得のために行きました。

ガイドさんがとても丁寧に教えてくれたおかげで、すんなりとダイビングのライセンスを取ることができました。ガイドさんは海の案内人で、様々なことを熟知されています。私の「チンアナゴを見たい!」というリクエストにも答えて下さり、チンアナゴのいるダイビングポイントへと案内してくれました。そこに広がっていたのは、海とは思えないほど明るく、白い砂にたくさんのチンアナゴが顔を出していて、水族館でみる10匹程のチンアナゴとはくらべものにならないほど神秘的なものでした。海の中は、水族館とは全く違います。沖縄の海には、カラフルなお魚さんがたくさんいて海に入ると出迎えてくれます。是非自分の目で、幻想的で神秘的な海の世界を見にいって下さい。

家庭用3Dプリンターの特徴

現在、家電量販店やオンライン上で購入できる、ほとんどの「3Dプリンタ」が、「FDM方式」で作られています。
「FDM方式」以外で安価な3Dプリンタとしては、「B9Creator」(DLPプロジェクション方式:約60万円)、「Forml」(光造形方式:約40万円)があります。
今のところ、他方式を採用した低価格な「3Dプリンタ」は、他には見掛けません。

家庭用は60万円くらいする

「家庭用3Dプリンタ」は約5万~50万円で販売されており、海外では200ドルで販売されているものもあります(「MakiboxA6LT」https://store・makibox、com/)。値段の差に関しては、「造れるものの大きさ」「3Dプリンタの品質」(稼働時の音がうるさくない、故障しづらい、歪みが起きない、造形エリアの熱が一定に保てる)、「3Dプリンタの性能」(積層ピッチの厚さ、3Dプリント出力の速度)、「ソフト」や「マニュアル」などの付属品の有無などによります。

大きさはデスクトップサイズ

「家庭用3Dプリンタ」なので、机に乗るサイズが主流です。他の「3Dプリンタ」より一段と大きい「CubeX」は、「幅515x奥行515x高さ598」mmとなっています。
国産の「3Dプリンタ」である「BSO1」は、コンパクトな作りになっていて、「CubeX」の半分以下のサイズ(幅250x奥行250x高さ270mm)です。「物を作れる大きさ」や「造形サイズ」は、基本的に「3Dプリンタ」の大きさに比例しています。

現在市場で購入できる「家庭用3Dプリンタ」は、大きく分けて「ボックス型」「メンデル型」「フレーム型」「Rostock型」の4種類があります。
詳しくは、「家庭用3Dプリンタの紹介」で解説します。

家庭用3Dプリンタの活用方法とは

DlYが好きな人にとって、たいていのものが形作れる「3Dプリンタ」は、気になるアイテムです。
おそらくすでに「3Dプリンタ」を手に入れている方でいちばん多い人たちが「DlY好き」な方ではないでしょうか。
そのような方々がまず気にするのは、「ボルト」と「ナット」のかみ合わせです。

実際、インターネット上のブログなどには、「家庭用3Dプリンタ」を使って「かみ合わせ検証」を行なっている記事がいくつかあります。
「Replicator2」(1999ドル)や「Solidoodle4」(999ドル)などの「家庭用3Dプリンタ」で出力して試している例がありましたが、どれもうまくかみ合っていました。

精密なものが作れるようになってきた

少し前までは、「積層ピッチ」(1層の厚さ)が「0.2~0.4mm」ぐらいでした。ところが、「出力ソフトの適正値」や「ノズル経」の改善によって、積層ピッチ「0.1mm」の出力が可能になってきました。
そのため、積層後の段差はそれほど目立たなくなっています。「Solidoodle」の海外フォーラムでは、「0.1mmプリントの話題はもう古い、これからは0.01mmプリントの話をしよう!」などの書き込みもされており、実際に「FDM方式」の「家庭用3Dプリンタ」で「0.05mm」の出力をしている例もあります。その造形物は、積層段差がほとんど気にならないくらい滑らかな仕上がりです。

作り出すのに時間がかかる

データに基づき一層一層積み上げて立体を作るため、完成までにかなりの時間を要します。
サイズによって変わりますが、小さいもので数十分、大きなものになれば20時間かかることも珍しくありません。
同じサイズでも、「積層ピッチ」(1層の厚さ)の数値により時間は変わります。(例:0.2mm=>1時間、0.1mm=>2時間)。

熱で溶けるものが素材

主に「ABS樹脂」と「PLA樹脂」を使います。ノズルを熱して素材を溶かして積層するため、熱に溶ける素材(熱可塑性樹脂)であれば、理論上は利用できます。有名な素材では、「チョコレート」などがあり、そのほか強度の強い「ナイロン素材」(Stratasys社:FDMNylonl2)、ゴムのような弾力性があり、柔軟に「変形可能な素材」(ホットプロシード社:ニンジャフレックス)があります。
また高額な「3Dプリンタ」では、同時に2~3色の素材を出力できるものもあります。「2色」の出力が可能な「3Dプリンタ」には、「Replicator2X」「CubeXDuo」があり、「3色」の出力が可能な「3Dプリンタ」では、「CubeXTrio」があります。